新型CX-5と新型ハリアーを比較!どっちが優れている!?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使う事で、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

国産で人気SUVのマツダ新型CX-5とトヨタの新型ハリアーを徹底比較してみました!
SUVの購入を考えている方の中には、2車種で迷っている方もいらっしゃるかと思います。

そんな方の為になれば幸いです。
それでは実際に比べていきましょう!

スポンサードリンク

【新型CX-5 VS 新型ハリアー】燃費を比較

燃費性能は車を購入する上で、1番に重視される方が多いですね。
最近では外観や乗りやすさよりも燃費しか見てないという方もいるくらい重要なファクターの一つです。

新型CX-5の燃費性能

 新型CX-5ディーゼル先代CX-5ディーゼル
カタログ燃費(JC08モード)18.0km/L18.6km/L
高速道路22.3km/L22.1km/L
市街地14.4km/L12.4km/L
郊外路15.6km/L17.7km/L
総合17.1km/L16.5km/L

上記は新型CX-5の燃費性能を表した表です。

平均を見てみると17.1km/Lと、燃費性能に関しては満足できるレベルとなっています。

特に高速道路においては文句なしの22.3km/Lです!

SUVは車体や重量などからどうしても、他の車種に比べると燃費が悪くなりがちなのですが、CX-5は問題なしですね。

十分に街乗りもできるレベルとなっています。

新型ハリアーの燃費性能

車種名ハリアー ハイブリッドハリアー ガソリン車
カタログ燃費(JC08モード)21.4km/L15.2km/L
高速道路18.9km/L18.1km/L
市街地(街乗り)17.4km/L12.9km/L
郊外路19.5km/L15.1km/L
総合19.3km/L15.3km/L

ハイブリットの平均は19.3km/Lとかなり良いですね!

一方のガソリンは15.3km/Lと、まぁまぁと言った所でしょうか。
ガソリンに関しては特段良くはないですね。

選ぶグレードにも左右されますので、燃費に関しては車種だけでは比較できない所もありますが、価格的に言えばCX-5の方がお買い得で燃費が良いという点で、燃費対決はCX-5に分があるようにお見受けしました。

スポンサードリンク

【新型CX-5 VS 新型ハリアー】価格・人気を比較

さぁ皆さんお待ちかねの価格対決です!

価格は燃費と同じくらい重要なファクターの一つですよね。
いくらかっこ良いSUVといえど、価格が高すぎると手に届かないものとなってしまいます。

 新車価格中古車価格
CX-5250万円~350万円85万円~410万円
ハリアー294万円~500万円30万円~588万円

まず大前提としてハリアーは国産クロスオーバーSUVの中では高級車に位置付けられています。

その為、CX-5と比較しても新車で50万程度の差があります。

買いやすさでいうなら断トツでCX-5です。

50万円の差がある2車種ですが、人気(販売台数)はどちらの方が上なおでしょうか?

2017年の合計販売台数で比較してみます。

ハリアーは58,732
CX-5は41,622

値段が高いハリアーですが、CX-5よりも1万台以上売れているというこの事実に驚きを隠せません。

ハリアーの人気は想像以上ですね。

元々、生産中止していたハリアーですが、ファンからの根強い要望によって数年前から販売を再開しています。

多少お金を出してでも欲しいSUVであるハリアーである事は間違いなさそうです。

価格勝負はお買い得なCX-5人気勝負(販売台数)では根強いファンが多いハリアーで決まりです!

スポンサードリンク

【新型CX-5 VS 新型ハリアー】外観・内装を比較

続いては外観・内装を比較していきます。
見た目にこだわるSUVユーザーなら、ここは外せないポイントですね。

新型CX-5の外装・内装

CX-5の外装ですが、やはり最近の流行りである丸っこさが出ていますね。

個人的にはSUVならではのカクカクした感じが好みですので、もうちょっとカクカク感を出したい所です。

ただ、近くで見てみるとカーブや凹凸があったりして、マツダならではのこだわりが感じられる作りとなっています。


引用:http://car-moby.jp/60096

マツダのデザインのコンセプトとして、「洗練された力強さの表現」を目指すというものがあります。

魂動(こどう)と呼ばれるデザインコンセプトで、まるで車に魂が込められ、生き物としての車というようなかなり意識の高いデザインとなっているようです。

実際に生で見ると、他社の国産SUVとのデザインの違いを体感する事ができますので是非、ディーラーで見ていただく事をお勧めします。

続いてCX-5の内装を見ていきましょう。


引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/

CX-5の内装は高級感が漂っています。
実際にドアを開閉して中に入って、質感を確かめると他のSUVと一線を画している内装である事が分かります。

個人的にも、CX-5の内装はかなり優秀であると思っています。

シンプルで一切の無駄がなく、それでいて色使いも落ち着いていますね。

CX-5には本革シートがオプションで付けられます!
ちなみにLPackageという最上位グレードにしかないオプションですが、本革にしたいが為にLPackageを選択する方が多くいられるそうです。

CX-5は外装よりも内装に力を入れている印象が強いですね。
ここでは上々の評価です!

新型ハリアーの外装・内装

https://gazoo.com/article/salespoint/131115.html

さぁ続いては新型ハリアーの外装・内装について見ていきましょう!

ハリアーは都会的で高級感のある外観で若者から中年層まで幅広い人気を誇っています!


引用:https://autoc-one.jp/toyota/harrier/newmodel-1539166/photo/0110.html

ハリアーの外装で特徴的なのはエンブレムです!
これがめっちゃかっこいいです!

このエンブレムに惹かれてハリアーを購入するユーザーの多いことは有名な話です。

通常であればトヨタの標準エンブレムですが、ハリアーは違います!

ハリアーはトヨタ車というよりもハリアーというブランド化してますね。

また、フロントヘッドライトは流れるウインカーとなっており、オレンジの閃光から目が離せないものとなっています!

ハリアーはフロントフェイスが非常にインパクトのある外観です。

続いてはハリアーの内装です。
ハリアーはやはり高級SUVという事で、内装の高級感が目で見て一発で分かります。

高級車ならではのこだわりでしょうか、JBLのプレミアムサウンドシステムを兼ね備えています。

高音質の音楽をノリノリで聴ける事間違いなしです!


引用:https://autoc-one.jp/toyota/harrier/newmodel-1539166/photo/0110.html

個人的に内装で一番グッときたのはステップパネルです!

ドアを開けて乗り込むその瞬間、ステップ部分のハリアーロゴが青色に発色します!

実際に試乗した際にインパクトが絶大だったのを鮮明に覚えています!

小さな事ですが、ハリアーのかっこよさに寄与している事間違いなしですね!
ちなみにグレードによっては、発色しないものもあるので、注意が必要です!

外装・内装ともにハリアーの勝利でここは間違いありません。
高級車ならではのこだわりが多いに感じられました。

【新型CX-5 VS 新型ハリアー】安全性能を比較

続いて安全性能を比較していきましょう!

新型CX-5の安全性能

CX-5は安全機能の一つとして360°ビュー・モニターを採用しています。

360°ビューモニターとは、複数のカメラを駆使してドライバーにとって死角となる場所の危険認知をサポートしてくれます。

駐車する時のバックライトモニターはもちろんの事、T字路の進入時や、路地裏の交差点での危険を事前に教えてくれます。

また、i-ACTIVSENSEという標準安全機能を装備しており、様々な危険からCX-5を守ってくれます。

その中の一部をご紹介します。

AT誤発進抑制制御・・・ギアの入れ間違い・ペダルの踏み間違いによる急発進を抑制
先進ライト・・・状況に応じてヘッドライトを最適な範囲に自動照射
車線逸脱警報システム・・・車線を越えそうなふらつきを警告
ブラインド・スポットモニタリング・・・車線変更の際、死角になりやすい後方からのクルマの接近をドライバーに通知

などなど、多くの先進安全技術を取り入れています。
安全性能についてCX-5は文句なしですね!

新型ハリアーの安全性能


引用:https://toyota.jp/harrier/safety/

ハリアーは安全性能であるトヨタ・セーフティ・センスを搭載しています。

エンブレムに埋め込まれたミリ波レーダーと単独カメラを併用した検知センサーと、それに付随した制御によって、クルマだけでなく歩行者の認識も可能になり事故の回避安全性や衝突被害の低減を実現しました。

セーフティセンスも一部機能をご紹介します。

レーダークルーズコントロール・・・先行者を認識して、適切な車間距離を保って走行します。
オートマチックハイビーム・・・ハイビームを適切なものに自動で切り替える事によって夜間の走行車の早期発見に貢献します。
アダプティブハイビームシステム・・・LEDの点灯・消灯を細やかに操作する事によって、先行車や対向車に光があたる部分を自動的に遮光できるシステムです。

ハリアーもトヨタなだけあって、過不足ない安全性能を標準装備しており、非常に素晴らしいです。

安全性能に関しては正直どちらも同じような機能を兼ね備えている為、引き分けとします!

【新型CX-5 VS 新型ハリアー】乗り心地を比較

見た目がかっこよくても、乗り心地が最悪だったら長くは付き合っていけないですよね。
車も人間と同じで中身が非常に大切な乗り物です。

新型CX-5の乗り心地

柔らかいサスペンションというよりも、若干硬さのある感じがしました。

ただ、硬いと言っても悪い意味の硬さではなくサスペンションの問題なので、これは好みによる所が大きいと言えそうです。
また、ディーゼル車に関しては、エンジン音がうるさい印象がありますが、正直「ほんとにディーゼル車?」と思うくらい静粛性があります。

正直、知らずに乗っても気づかないレベルだと思いますので、音に関しては何の問題もありませんでした。

車重が重いにも関わらず、ラインが乱れる事なく思った通りに曲がってくれるため取り回しやすさも良いレベルに仕上がっています。

新型CX-5にはG-ベクタリングコントロールという機能が追加されています。
運転技量に左右されず誰もが思った通りに運転できる運転サポート機能なのですが、この機能の貢献度は非常に大きいと思います。

気になったのは高速でのパワー不足です。
追い抜きをする際や合流時には、少しばかり大変かなという印象です。

総評としては特に不快感なく乗る事ができたので、不満はありません。

新型ハリアーの乗り心地

ハイブリッドモデルに試乗したのですが、やはり一番は静すぎる静粛性です!
本当に車を運転しているのかという気分になるくらい静かでビックリします。

静かな寝息さえも聞こえてきそうなレベルです笑
さすがはハイブリッドですね!

サスペンションですが、めっちゃ柔らかく振動がまったく伝わってきません!
個人的にはCX-5の硬さがすこし気になっていたので大満足です。

気になった点としては、坂道や高速道路で追い越しをする際のパワー不足感です。

ターボタイプに乗っていれば、特に問題はなかったのかもしれませんが、ハリアー自体が街乗りを想定して作られている為、走破性という所では本格的なSUVには見劣りしてしまうでしょう。

ただ、市街地や高速を走る分にはまったく問題なく乗る事ができますので、特に問題があるという事はなさそうです。

【新型CX-5 VS 新型ハリアー】ズバリどっちが優れている!?

それでは総評していきたいと思います。

SUVに乗りたいけど経済的にそこまで余裕がないという方は新型CX-5

お金に糸目はつけない。とにかく高級SUVで周りを圧倒したい!という方はハリアー

やはり価格的な部分でいうと、新型ハリアーより50万円程度安くなる為、ハリアーより手軽に乗られるというメリットはかなり大きいでしょう。

その上、燃費性能においてもハリアーよりコスパが良いです。

あえて、難点を挙げるとするならば、高級感や見た目ではハリアーには劣ってしまうという所でしょうか。

確かにCX-5も外装や内装にこだわっていますが、コストが違う以上限界があります。
内装をハリアーと比べれば一目瞭然です。

ただ、CX-5もオプションで本革シートなどをつければ高級感を演出する事ができます。
お金はかかりますが・・・

ハリアーはお金がかかっている分、見た目や内装にそれが大きく反映されている印象です。

CX-5より劣っている所としては燃費はハイブリッド以外だとCX-5に劣ってしまう所くらいでしょうか。

どちらも魅力的なSUVである事は間違いないので、購入する際の参考にして頂けたら幸いです。

新車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

「新車が欲しいけど高すぎて買えない・・・」
 
「新車で最安値でGETしたい・・・」

「ディーラーからのセールスに疲れた・・・」

「値引き交渉が苦手・・・」

「ディーラーを何件も回るのが手間・・・」

新車の購入を検討しているけど、悩みばかりでなかなか購入に踏み切れない・・・
と悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

親しい家族や友人にも相談できないし、仮に相談できたとしてもCX-5を手に入れる事ができるわけではない・・・

費用的な問題はなかなか解決できませんよね。。

家族に相談したとしても、「安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の3年前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので・・・

値引きの金額は十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

「一旦考えます」と言っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと・・・

なんと、新車が70万円も安く買えたんです!

しかも、最上位グレードでオプションもつけまくり!

私みたいに新車を納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使う事で、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です