CX-5は故障が多い!?買っても大丈夫!?徹底調査!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使う事で、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

マツダCX-5は日本だけでなく、世界で売れている車として有名です。
そんなCX-5ですが、故障が多いと噂になっています。

本当に故障が多い車だったとしたら、これは大変なことになりますよね。
今回はCX-5が本当に故障が多い車なのかについて徹底調査してみました。

スポンサードリンク

【マツダCX-5の故障】エンジン停止

「マツダ車はエンジンが急停止する」

え?本当に?って感じですが、走行中にエンジンが急停止したら冗談じゃないですよね。

実際にCX-5で起きた事例をご紹介します。

納車1ヶ月したばかりのCX-5が何の前触れもなく、走行中に急停止した状態に陥ったそうです。

幸い、前後に車がいなかった為、大事には至らなかったそうですが、なぜこのような事態が起きてしまったのでしょうか。

基本的に納車してすぐに不具合が発生する事象の場合、車に何らかの不具合が起きた可能性が非常に高く、不良品だったと考えられる可能性が高いそうです。

パーツの破損であるならば、ある程度の期間使用し続けた場合に不具合が発生することがありますが、納車すぐの状態でパーツが破損している状況というのは非常に考え難く、製造工程で何らかの不備等があったとも考えられますので、
すぐにディーラーに連絡しましょう。

車は工業製品ですので、初期不良が発生してしまう事は考えられます。
これはCX-5だけに限らず、他の車両でも起き得る事ですので、そういった事態も考えておいた方が良さそうです。

スポンサードリンク

【マツダCX-5の故障】ディーゼルエンジンのトラブルの多さ

クリーンディーゼルエンジンは不具合が多い事で有名です。

ディーゼルエンジン自体が複雑な構造をしている事が多い為、どうしても故障・トラブルが絶えないとも言われています。

また、マツダのクリーンディーゼルエンジンはまだ新しく出てきたエンジンです。

なのでいつ壊れるか不安なユーザーの方もいらっしゃるかと思います。

ディーゼルエンジンは仕組み上の問題で、ガソリンエンジンよりもカーボン(炭素)が溜まりやすくなっています。
その為、吸気系トラブルが多く、吸気系の部品交換やクリーニングを行う事で解消されます。

修理工場の話では、クリーンディーゼルエンジンは低音状態だと傷みやすい状態になるそうです。

エンジンを暖めてから走るとディーゼルエンジンに優しいようですよ。

ディーゼルエンジンは10年が大きな目安になるようなので、そこまで心配する必要はないかもしれません。

スポンサードリンク

【マツダCX-5の故障】走行中の異音

走行中の異音が発生する現象があるそうです。

パーツなどの緩みから、金属音が発生する事もあるそうです。

異音の原因は様々なので一概には言えませんが、CX-5だけに限らず発生する現象のようなので異音に気づいた方はすぐにディーラーに連絡する事をおすすめします。

無償交換や、見積もりの場合は費用をネットで確認してから持ち込む事をおすすめします。

【マツダCX-5の故障】ALH作動時の不具合

アダプティブヘッドライトをONにして、ハイビームに切り替えるタイミングで一瞬ライトが消える不具合が発生する事があるそうです。

また、アイドリングストップから始動する際も同様に一瞬消える事があるそうです。

実際にディーラーに問合わせたところ、そのような症状が発生する事があるそうです。

ヘッドライトユニットを新品に交換してもらう事で改善されますのですぐにディーラーに連絡をする事をおすすめします。

CX-5オーナーのリアルな口コミ

マツダ車オーナーからの評判も気になりますので、Twitterに投稿された口コミを見ていきましょう。

変速異常とは、加速やエンジンブレーキ時に減速時に、カックンするようなショック症状やエンブレの際の減速時に速度が落ちてきたかと思ったら、急な減速や加速時に空回りしたりする現象です。
急にクラッチが繋がったり、カックンしていきなり速度が上がったりすることがあるようです。



エンジンが壊れた状況はよく分かりませんが、エンジンの修理費用は高いようです。




サーモスタットはエンジンが熱くなり過ぎないように、適切な温度に保つための約割をもつ部品です。
PCでいうとファンみたいなものです。
サーモスタットはエンジンへの影響が非常に大きい為、故障を感知したらすぐにディーラーに相談しましょう。

水温計の警告灯が点灯したら、安全な場所に車を停車させて温度が冷えるまで動かさないようにしましょう。
温度が下がったら、迷う事なくそのままディーラーに持っていきましょう。



インジェクターとはキャブレターに代わるエンジンの燃料供給装置です。
インジェクターが登場する事で、気温・気圧・湿度にとらわれず、確実で安定したパフォーマンスを車にもたらしました。

インジェクターが故障すると、上記のケースのように様々な部位に悪影響が出てきます。
定期的に車を見てもらう事が大事だと言えそうです。

マツダのアフターサービスは期待できる?




マツダのアフターサービスは顧客満足度が非常に高く、ユーザーからの信頼も熱いのでディーラーの人と仲良くなれば色々と良くしてくれるかもしれませんね。

CX-5は故障が多い車なの?

様々なCX-5の故障事例を紹介してきましたが、実際にCX-5は故障が多い車なのかどうかは気になるところですよね。

マツダは国産メーカーの中では故障が多いメーカーであるかどうかは、一概には言えません。

ただ、CX-5についてはクリーンディーゼルエンジンに付随する不具合が多発しているようです。

ディーゼルエンジンはマツダが力を入れているだけに、故障やトラブルが多いというのは残念ですが、クリーンディーゼルが難しい技術ですので現時点ではある程度仕方のないことのようにも思えます。

ただ、エンジントラブルは個体差もある事から、ディーゼルだから必ず不具合が発生するという事もないようですのでそこまで心配しなくても良いかと思います。

ディーゼルエンジン以外の故障トラブルはあまり聞かないので、そういった意味では故障が少ない優秀なメーカーですよね。

CX-5自体は故障が多いという話は聞かないので、安心して購入しても問題ないと判断しました!

新車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

「新車が欲しいけど高すぎて買えない・・・」
 
「新車で最安値でGETしたい・・・」

「ディーラーからのセールスに疲れた・・・」

「値引き交渉が苦手・・・」

「ディーラーを何件も回るのが手間・・・」

新車の購入を検討しているけど、悩みばかりでなかなか購入に踏み切れない・・・
と悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

親しい家族や友人にも相談できないし、仮に相談できたとしてもCX-5を手に入れる事ができるわけではない・・・

費用的な問題はなかなか解決できませんよね。。

家族に相談したとしても、「安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の3年前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので・・・

値引きの金額は十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

「一旦考えます」と言っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと・・・

なんと、新車が70万円も安く買えたんです!

しかも、最上位グレードでオプションもつけまくり!

私みたいに新車を納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使う事で、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です