CX-30とCX-5を徹底比較!どこが優れて、劣っている?

マツダが誇るクロスオーバーSUVであるCX-30とCX-5を徹底比較してみました。
それぞれ人気のSUVですが、見た目も似ている為、どういった違いがあるのかわからないという人もいらっしゃるかと思います。

本記事では以下のようなお悩みを解決します。

ブタ
☑それぞれのメリット・デメリットを知りたい
☑両車でどちらを購入しようか決めかねている
☑それぞれどんな人におススメなのか知りたい

CX-30とCX-5を徹底比較!

それでは実際にCX-30とCX-5を比較していきます。
また、できるだけ簡単な言葉で解説して分かりやすい説明になるように努めさせていただきます。

価格を比較

グレードごとに価格の差がありますので、全グレードの平均値を算出しました。

CX-30 239~371 万円
CX-5 261~395 万円

価格ではCX-30が全体的に安くてお得のようです。

ボディーサイズ&重量を比較

 CX-5CX-30
全長4,545mm4,395mm
全幅1,840mm1,795mm
全高1,690mm1,540mm
車両重量1520~1,7001,380~1,530
ホイールベース2,700mm2,655mm

CX-30はCX-5と比べて全体的に小さいです。
という事は最小回転半径もCX-30の方が小さいですね。

CX-5が5.5に対して、CX-30は5.3です。
なので、車の取り回しのしやすさが倍増します。
CX-30はトヨタのCH-Rやホンダのヴェゼルとサイズ感が非常に近いですので参考にしてもいいかもしれません。

地方都市などでは道が広い為、そこまでボディサイズが問題になる事はありませんが、都市部で生活する事を考えるとボディーサイズは小さい方が良いです。
ちなみにCX-5は都市部などの機械式立体駐車場に入庫する事ができない、もしくは非常に入りにくい可能性があるため注意です。

サイズ感を比較して、取り回しのしやすさという点からここではCX-30の勝ちとします。

内外装を比較

両車には細かな違いが多々あります。

■ドアロック
CX-5はドアロック解除ボタンがある一方で、
CX-30はドアノブに触れただけでドアロックが解除される。

■アドバンストキー

ドアノブだけでなく、アドバンストキーも新しい形状のものになりました。

■リア部分

CX-30は天井のルーフが折れていてクーペっぽいデザインでスリムに見えます。

CX-5はドッシリと構えていて、SUVっぽさがあります。

■マツダコネクト


CX-5は7インチ


CX-30は8.8インチ

CX-30の方が画面が大きくなっているので見やすくなっています。
また、起動する速さやタッチ操作に対応しているなど、マツコネには進化したところが多々あります。
360℃モニターやバックモニターの画面画質も向上している為、更に見やすいものとなっています。

■ラゲッジ容量

CX-5  505L
CX-30 430L

CX-5の方が車体が大きいので容量が大きいのは当たり前ですが、CX-30も十分な容量があります。

■スピーカー

CX-30ではスピーカーが改良されています。
CX-5は標準で6スピーカー(Boseサウンドシステムでは10スピーカー)
CX-30は標準で8スピーカー(Boseサウンドシステムでは12スピーカー)

より音を楽しめるようになったと同時に、CX-30は遮音性が向上しています。

■ディミングターンシグナル

こちらはCX-30ではじめて採用されたシステムです。
点滅する速度に余韻をもたす事によって、心臓の鼓動を直に見ているかのような生命感あふれる光り方を再現したものです。
ついでにいうとCX-30のポジションランプは横バータイプで新鮮です。
最近よくある流れるウインカーとは一味違ったかっこよさがあります。

CX-30とCX-5のパワートレインを比較

■CX-30

スカイアクティブG 2L
スカイアクティブD 1.8L
スカイアクティブX 2L

■CX-5

スカイアクティブG 2L
スカイアクティブG 2.5L
  25T
スカイアクティブD 2.2L

CX-30はガソリンモデル(20s)に6速のMT、
CX-5はディーゼルモデル(2.2D)に6速MTが設定されています。
CX-30はパワーと燃費性能が向上しています。

7インチマルチスピードメーカー

CX-5では7インチマルチスピードメーターが搭載されているものはExclusive Modeだけですが、CX-30は全グレード標準装備です。
アナログメーターと比べると先進的でテンションが爆上がりします。
意外にもこの7インチスピードメーターは大きな決めての1つであるようです。

デイタイム・ランニングライト

CX-5は全グレードでオプションとなるデイタイム・ランニングライトですが、
CX-30はプロアクティブ以上のグレードに限り、デイタイム・ランニングライトを標準装備しています。

日中でもフロントライトの一部が点灯する事で、視認性を大きく向上させる事ができます。
見た目もかっこよくなりますので必要な装備かと思います。

シフトスイッチ

CX-5は全グレードでオプションとなります。
CX-30はPROACTIVE以上のグレードに標準装備されています。

こちらはハンドルに取り付けたレバーで、シフトのアップダウン操作ができるようになります。
シフトレバーの操作が必要ないので疲労軽減につながります。

【まとめ】CX-30とCX-5を徹底比較!どこが優れて、劣っている?

 CX-5CX-30備考
価格CX-30がCX-5よりも22万~24万安い
取り回しCX-30がCX-5よりもサイズ感がコンパクト
マツダコネクト7インチ8.8インチCX-30がCX-5よりも1.8インチサイズ感UP
ラゲッジ容量505L430LCX-5がCX-30よりも75L多く収納可能
スピーカー68CX-30はスピーカー増量+遮音性UP

まとめという事で簡単に表にしてみました。
また、それぞれのモデルでおすすめしたい人を最後に紹介して終わりたいと思います。

■CX-30をおすすめしたい人

ブタ
・都心部に住んでいる(立体駐車場でも収まるサイズ感)
・CX-3だと小さすぎる、CX-5だと大きすぎるとサイズ感に悩んでいる
・マツダの最新設備を体感したい

■CX-5をおすすめしたい人

ブタ
・SUV志向が強い
・大人数を載せたい人
・ベンチレーション機能が欲しい

いかがでしたでしょうか。
当記事を参考にして頂ければ幸いです。

新車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

「新車が欲しいけど高すぎて買えない・・・」
 
「新車で最安値でGETしたい・・・」

「ディーラーからのセールスに疲れた・・・」

「値引き交渉が苦手・・・」

「ディーラーを何件も回るのが手間・・・」

新車の購入を検討しているけど、悩みばかりでなかなか購入に踏み切れない・・・
と悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

親しい家族や友人にも相談できないし、仮に相談できたとしてもCX-5を手に入れる事ができるわけではない・・・
費用的な問題はなかなか解決できませんよね。。

家族に相談したとしても、「安いこっちでいいじゃない」と一蹴。
違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の3年前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので・・・

値引きの金額は十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

「一旦考えます」と言っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと・・・

なんと、新車が70万円も安く買えたんです!しかも、最上位グレードでオプションもつけまくり!

私みたいに新車を納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」これが最初のステップです。 
ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使う事で、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です