新型CX-5 でかすぎ問題!?全長・サイズ感を他車と比較

 

新しく発表された新型CX-5ですが、大きいのでは?という意見を聞くことがあります。

実際にCX-5は大きいのでしょうか?

他車と比較して検証していきたいと思います。

 

CX5のサイズと他車比較

引用:https://cx-5人気色.com/hikaku/forester-cx-5-hikaku.html

CX-5の大きさを見ていきましょう。

全長×全幅×全高=4540×1840×1705mmです。

この規模は大きいのかどうかわからない方が多いと思いますが、他のSUVもしくはファミリカーで比べていってみましょう。

まずは長さです。

長さは4540mmで一般的なファミリーカーの長さは4700mm程です。

CX-5はファミリーカーの7~8人乗りの長さ比べるとやや短めですが、そう大差ない大きさなのでやはり長いと言えましょう。

続いて横幅は1840mmです。

今回はフォレスターで比較していきます。

フォレスターの横幅は1795mmとCX-5よりも小さめです。

またファミリーカーと比較しても横幅はCX-5の方が幅はあるためこちらも大きいと言えるでしょう。

同時に横幅があるということは車内も広いといことです。

7人や8人乗りモデルと同等の広さと考えるとCX-5の広さが見えてきますね。

CX-5は一応スポーツ用として走る名目もありながら、ガシガシと走り、スキーに行く際に通る雪路やキャンプで通る可能性が高い山道、雨で通りにくくなった悪路でも走れることを想定しています。

またキャンプで使用することが多いバーベキューセットやテント、スキーで使用するボード板などを難なく載せることも考えている他、密接していると悪路では揺れが激しいので、ドアや人、物との接触を防ぐためにある程度横幅を持たせているのでしょう。

高さは1705mmです。

こちらもフォレスターと比較しましょう。

フォレスターは1715mmあり、CX-5よりも少し大きいですがそれほど大きな差は見受けられません。

ファミリーカーとも比較してみましょう。

ファミリーカーは家族みんなが乗ることや車の中の椅子をフラットにして寝ること、キャンプとして利用することが想定されているので、ファミリーカーの方が断然高いです(1800mm程)。

高さについてはSUVの中でもあまり大きな差はないと考えられます。

 

CX-5の大きさで立体駐車場に停められるのか?

引用:https://www.tokyo-parking.jp/maschine/

CX-5は大きいという話がありましたが、マンションなどや都会のスーパーなどで見られる機械式駐車場では入ることができるのでしょうか?

機械式駐車場にきたはいいものの断られたなんてあれば次を探さなくてはならないかもしくは停められないことも考えられるため要検討項目と言えるでしょう。

機械式駐車場は重量、長さ、幅、高さに制限があります。

一般的な機械式駐車場と見比べて停められるか見てみましょう。

初めは重量です。

機械式駐車場は重量制限が設けられており、概ね制限重量は2.5tのところが多いです。

CX-5の重量は2tもないので難なく停めることができます。

次は長さです。

CX-5の長さは4540mmで、機械式駐車場の制限とされている長さは5000mm程度の大きさが設定されているのが多いです。

このことから長さの点から見ても余裕に入るでしょう。

続いて横幅です。

CX-5の横幅は1840mmです。

1800mm以下であればほとんどの機械式駐車場に入ることができますが、CX-5はそれよりも大きいです。

まさこの1800mm以下というのはサイドミラーを含まずの横幅制限です。

サイドミラーも含めると1840mm以上にはなってしまうため難しくなってきます。

小さな機械式駐車場では横幅の制限から断られるところもあるでしょう。

断られた場合どういった場所なら大丈夫なのか考える人も多いでしょう。

その場合は大型のデパートであれば入れられる可能性が比較的高いと考えられます。

大型デパートは家族連れを想定して機械式駐車場を設計しています。

なので、断られたときは大型デパートの駐車場に入れることを考慮したほうがいいでしょう。

それでなくてもCX-5はサイドミラーなしでの横幅が1840mmなので、サイドミラーを折りたたまない普通の平面の駐車場でも狭い!と感じることはあり、駐車が少し難しいという意見は出そうです。

最後に高さです。

高さは1705mmと成人男性より少し低めの高さで、小さな機械式駐車場では1550mmで制限のところもあるので、断られる可能性はあるでしょう。

こちらもある程度の大きいデパートの場合であれば、1800mmもしくは2000mmでの制限のところがあるので、大きいといってもいくつか探せば見つかるでしょう。

機械式駐車場で停められるかを見たときに、重量、長さは問題ないですが、横幅と高さの点では難しいと言えるかもしれませんね。

他車と比較して大きいのか?

引用:https://autoc-one.jp/hikaku/1788749/

CX-5とよく比較にされやすく、同じSUVでライバル車でもある車と見比べて本当にCX-5が大きいのかどうかを検証していきましょう。

フォレスターは前半で比較対象としてしたため除き、今回はライバル車であるトヨタのハリアー、日産のエクストレイル、三菱のアウトランダーの3車種で見ていきます。

この3つはミドルサイズのSUVで大きさも機能もCX-5と似ているところがあります。

CX-5も含めた4車種で比較していきます。

まずは車外から見ていきましょう。

全長はCX-5が4545mmと3車種と比べて短いことが分かります。

全幅は1840mmです。

こちらについては他のどの車種よりも幅が大きいことが分かります。

全高は1705mmあり、エクストレイル、アウトランダーよりもやや低いですが、概ね変わらないと言ってもいいでしょう。

車外で見た場合、全長はCX-5が短め、全幅は一番大きく、全高は他の車種と引けを取らない印象です。

続いて車内の空間を見てみましょう。

車内長は1890mmで車外の全長と同じく一番短いです。

車内幅は1540mmあり、エクストレイルより僅かに大きいです。

エクストレイルは7~8人使用でもあることから大人数で乗る車よりも大きいことが伺えます。

車内高は1260mmで、エクストレイルには敵いませんが、車外での高さより低かったアウトランダーよりも車内高は高く、空間が広いと言えます。

このことからCX-5は車外でも室内でも長さに関しては一番短いですが、代わりに横幅への余裕を持たせ車内の空間を確保するためのことだと考えられます。

また車内の高さについてもエクストレイルに引けを取らないと言っても大きいと言わざるおえないでしょう。

特に室内幅に至っては7人乗りのエクストレイルよりも大きい幅となっているのでいかにCX-5が広いか一目瞭然でしょう。

初めてCX-5を見たらその大きさにびっくりするかもしれませんね。

新車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

「新車が欲しいけど高すぎて買えない・・・」
 
「新車で最安値でGETしたい・・・」

「ディーラーからのセールスに疲れた・・・」

「値引き交渉が苦手・・・」

「ディーラーを何件も回るのが手間・・・」

新車の購入を検討しているけど、悩みばかりでなかなか購入に踏み切れない・・・
と悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

親しい家族や友人にも相談できないし、仮に相談できたとしてもCX-5を手に入れる事ができるわけではない・・・
費用的な問題はなかなか解決できませんよね。。

家族に相談したとしても、「安いこっちでいいじゃない」と一蹴。
違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の3年前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので・・・

値引きの金額は十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

「一旦考えます」と言っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと・・・

なんと、新車が70万円も安く買えたんです!しかも、最上位グレードでオプションもつけまくり!

私みたいに新車を納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」これが最初のステップです。 
ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使う事で、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です