【CX-5とヴェゼルを徹底比較!】悪いところも徹底調査!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使う事で、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

CX-5とヴェゼルの2つのSUVで購入を迷われている方もいらっしゃるかと思います。

CX-5は日本カーオブザイヤーを受賞するなど、マツダを代表する車といっても過言ではありません。

一方のホンダヴェゼルも3代目フィットをベースにしたコンパクトSUVで2015年にはSUV人気No.1になるなどドライバーを惹きつける車となっています。
凌ぎを削り合う両車ですが、両車を徹底比較することで、良いところだけでなく悪いところも調べてみました!

スポンサードリンク

【CX-5 vs ヴェゼル】価格を比較

 新車価格中古車価格
CX-5250万円~350万円85万円~410万円
ヴェゼル246万円~292万円139万円~328万円

両車の価格を比較してみましょう。

新車価格を見てみるとCX-5がヴェゼルよりも全体的に価格が高いことが分かると思います。
理由としてはマツダはクリーンディーゼル車の値段が高めの設定になっている事が挙げられます。

ガソリンエンジンの場合だとCX-5もヴェゼルも値段的にはそう変わりません。

データ的に見ると、差があるように見える両車ですが、選ぶモデルによって値段が変わってくると言えそうです。
ただ、全体的な比較だとヴェゼルの方がお手軽である為、価格対決ではヴェゼルの勝ちとします。

スポンサードリンク

【CX-5 vs ヴェゼル】燃費を比較

 新型CX-5ディーゼル新型ヴェゼルハイブリッド
カタログ燃費(JC08モード)18.0km/L20.6km/L
高速道路22.3km/L22.0km/L
市街地14.4km/L19.4km/L
郊外路15.6km/L21.6km/L
総合17.1km/L20.9km/L

CX-5はディーゼル、ヴェゼルはハイブリッドで比較しています。

両車とも燃費が非常に良いですね。
高速道路での燃費はともに22.0km/Lを超えています!

車体が小さくハイブリッドシステムを搭載しているヴェゼルに対して、CX-5はディーゼルエンジンが売りなので比較するのは畑違いかもしれませんが、実際は両車もさほど燃費の違いを感じません。

燃費対決は引き分けとします!

スポンサードリンク

【CX-5 vs ヴェゼル】外装と内装を比較

やはりSUVはデザインが大事!!

という事で外装と内装も比較していきます!

■CX-5のインテリア

CX-5室内サイズ
室内長:1,910mm
室内幅:1,530mm
室内高:1,280mm

■ヴェゼルのインテリア

ヴェゼル室内サイズ
室内長:1,930mm
室内幅:1,485mm
室内高:1,265mm

室内サイズを見ると、両車ともにほぼ同じ大きさとなっています。

内装を端的に比べるならば、CX-5は高級感、ヴェゼルは機能性で勝負というところでしょうか。

CX-5はホワイトレザーシートを使った内装(グレードによる)で高級感を演出しています。
更に、無駄な配色を一切せず、あえて地味目にする事で視覚的なまとまりを表現しています。

一方のヴェゼルは、SUVにありがちな後部座席の窮屈さを排除することに成功しています。

両車の売りポイントがかなり異なる為、そこまで悩む人はいなさそうな気がします。

【CX-5 vs ヴェゼル】走行性能と乗り心地を比較

走行性能と乗り心地は車の機能性で大事な部分です。
いくらデザインがかっこよくても、機能性が優れていなければ購入する気にはなかなかなれませんよね。

CX-5の機能性に関わる機能はGーベクタリングコントロール(GVC)です。
GVCはドライバーの運転技術には関係なく、低速からの日常での走行や高速道路での走行、カーブ時においてドライバーに恩恵をもたらします。

ドライバーの思ったように走行することができる為、運転への自信が高まること間違いなしです。
走行時にハンドルの修正操作頻度が圧倒的に減ります。

カーブにおいても自然にGがかかって酔いにくくなるなど、クルマとの一体感を感じることができます。


引用:http://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactiv/gvc/

マツダは人間中心の開発思考に基づいて人間の感覚に合わせた制御をしている為、ドライバーは一切の違和感を感じずに走行することが可能となりました。
他のメーカーにはない先端技術ですので、間違いなくマツダの強みと言えます。

乗り心地についてですが、まず凸凹やコーナー時のロールにおいてはセダンと同じようなイメージを持たない方が良さそうです。
CX-5といえど所詮SUVですので。

国産SUVの中で考えると、良くもなく悪くもなくといったところだと思います。

続いてはヴェゼルについて見ていきましょう。

https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/driving/

ヴェゼルの売りは、パフォーマンスダンパーです。

パフォーマンスダンパーとは、走行中に発生する車体のたわみや微振動を軽減することによって、走行中ガタガタすることがなく快適な走行を体感することができます。

SUVは総じてあまり乗り心地がよくはありません。しかし、ヴェゼルはパフォーマンスダンパーを採用することによって上質な走りを実現しました。

また、ヴェゼルは車体が小さい為取り回しのしやすさは随一かと思います。

なのでSUV初心者の方はヴェゼルの方が良いかもしれませんね。

【CX-5 vs ヴェゼル】比較まとめ

いかがでしたでしょうか。

CX-5とヴェゼルを徹底比較してみました。

比較するポイントが色々あり、結局どっちを買うべきなの!?と迷っている方も大勢いらっしゃるかと思います。

今回はSUV同士の比較ということで、SUVらしさを選ぶなら断然CX-5です!

CX-5は、国産SUVの中では外装がめちゃめちゃカッコイイのでSUV好きなら誰でも惚れる事間違いなしのSUVです。

CX-5は街中を走っていても人の目を奪えるクルマです。

一方のヴェゼルは値段的にもお手軽なので経済的に余裕がない人やSUVの取り回しに慣れていない人にはおすすめのSUVです。

新車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

「新車が欲しいけど高すぎて買えない・・・」
 
「新車で最安値でGETしたい・・・」

「ディーラーからのセールスに疲れた・・・」

「値引き交渉が苦手・・・」

「ディーラーを何件も回るのが手間・・・」

新車の購入を検討しているけど、悩みばかりでなかなか購入に踏み切れない・・・
と悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

親しい家族や友人にも相談できないし、仮に相談できたとしてもCX-5を手に入れる事ができるわけではない・・・

費用的な問題はなかなか解決できませんよね。。

家族に相談したとしても、「安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の3年前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので・・・

値引きの金額は十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

「一旦考えます」と言っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと・・・

なんと、新車が70万円も安く買えたんです!

しかも、最上位グレードでオプションもつけまくり!

私みたいに新車を納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使う事で、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です