【マツダCX-5】年間の維持費はディーゼルとガソリンでどう違う?

 

マツダのCX-5にはガソリン車とクリーンディーゼル車の2つがあります。

この2つでどう維持費が変わってくるのでしょうか。

多くの人が気になるところだと思います。

今回はこの2つについて検討していきたいと思います。

 

 

【マツダCX-5】ディーゼルの維持費

自動車税

区分 通常の税額
乗用車 総排気量1リットル以下 29,500円
総排気量1リットル超 1.5リットル以下 34,500円
総排気量1.5リットル超 2リットル以下 39,500円
総排気量2リットル超 2.5リットル以下 45,000円
総排気量2.5リットル超 3リットル以下 51,000円
総排気量3リットル超 3.5リットル以下 58,000円
総排気量3.5リットル超 4リットル以下 66,500円
総排気量4リットル超 4.5リットル以下 76,500円
総排気量4.5リットル超 6リットル以下 88,000円
総排気量6リットル超 111,000円

クリーンディーゼルの維持費はどのくらいでしょうか。

まず駐車場代です。

持ち家では駐車場代は掛からないですが、家族が車を持ち始めた時とかアパート暮らしであれば駐車場代はどうしてもかかってきます。

駐車場代は都道府県によって異なってきますが、全国平均よりも少々安く5,000円で計算すると、年間で6万円かかってきます。

次にエンジンオイルとエレメントです。

車を使っていると交換しなければならないものです。

ここでは仕事でもプライベートでも使用するとして年間走行距離を1万kmとします。

エンジンオイルの交換目安は5,000kmで交換する人が多いと思います。

なので、ここでは年間2回交換するとします。

エレメントはエンジンオイルを2回交換するにつき1回交換するとして年1回の交換です。

価格はエンジンオイルの種類によって大きく異なりますが、スタンダードな価格でエンジンオイルは3,000円、エレメントは1,000円とすると合わせて7,000円です。

続いて保険代です。

保険はつけるオプションで随分と差が開いてきます。

フルカバー特約で契約した場合は車にとっては何かあったとき安心ですが、その分支払うお金は多いです。

ここでは選ばれやすい限定A(自損対象外)のプランにした場合年間で約12万円です。

車検代はどうでしょうか。

CX-5の車検費用は法定費用分で約5万円です。

これに部品の交換や車検を行う業者によって異なるため、約10万円とします。

一番関心があると思う燃料代です。

ディーゼル車の公式燃費は18km/Lで、軽油になるため軽油代を120円とします。

年間走行距離を1万kmとするので、10,000km÷18km=556Lの軽油がいります。

556L×120円=66,720円が年間で必要です。

これに加え年に1回払う自動車もいります。

ディーゼルの排気量は2,188ccです。

なので、上記の2~2.5Lの範囲に入ってくるので、45,000円となります。

維持費を年間で計算します。

◎駐車場代       6,0000円

◎オイル・エレメント代 7,000円

◎保険代          120,000円

◎車検代         33,000円(新車購入で1年あたりで換算)

◎自動車税代      45,000円

◎軽油代        66,720円

年間で331,720円です。

これを月々にすると27,643円です。

維持費だけでもこれだけ掛かってしまうのですね。

 

【マツダCX-5】ガソリンの維持費

引用:https://kurumakaikaeru.com/ijihi/ijihi/

ガソリン車の維持費はどうでしょうか。

ガソリン車もディーゼルと維持費はほとんど変わりませんが、自動車税と燃料代は変わってきます。

自動車税はグレード違いである20Sと25Sで排気量が違ってきます。

20Sは1,998ccで、25Sは2,488ccで、20Sは39,500円、25Sは45,000円です。

続いてガソリン代です。

ガソリン車の燃費は15km/Lです。

10,000km÷15km=667Lのガソリンがいります。

ガソリン代を150円とすると、667L×150円=100,050円です。

◎駐車場代       6,0000円

◎オイル・エレメント代 7,000円

◎保険代           120,000円

◎車検代         33,000円

◎自動車税代      45,000円or39,500円

◎ガソリン代      100,050円

年間でガソリン車だと約36万円かかってきます。

これを月々で計算すると維持費は3万円です。

 

【マツダCX-5】ローン・残価設定について

引用:https://bestcarwebstorage.blob.core.windows.net/bestcar-web-staging/pass/image_uploads/3651/images/original/2251cdcce52d79c5.jpg?1507376201

残価設定は新車契約時に3~5年後の残価を設定して残価を除いた分を分割返済するローンです。

いわばリースに似た形です。

あくまでも所有権はディーラー側にあるため、返済期間を過ぎたとしても車は自分の物になりません。

自分の車にするのであれば、選択肢は2つあります。

1つは残価分の買い取り、2つ目は残価分を再び残価分のローンを組み直して返済する2つがあります。

今回はCX-5(XD PROACTIVE)で検証してみましょう。

CX-5(XD PROACTIVE) 残価設定(頭金・下取り車なし)
車両本体価格 3,143,640円(諸費用含む)
支払回数 60回払い
実質年率 2.99%
支払額【初回】 38,914円
支払額【2回目以降】 38,918円
支払額【最終】 973,000円
総支払い(残価一括) 3,308,076円
総支払い(ローン再・2年) 3,368,987円

この様に残価設定型で自分の車にするのであればこれだけの費用がかかります。

マツダのCX-5はマツダ車の中でも人気車種なので金利も2.99%と低めですが、60ヶ月払った後に残価を支払うと分割手数料はかかってきません。

しかし残価設定でローンを組み直すと普通の金利5.9%かかってしまうため割高になってしまう可能性があります。

残価設定は月々の支払額は抑えられることができ、なおかつ残りを一括で払うことができれば総支払額を抑えることができます。

このことを踏まえつつ残価設定を組むのがいいでしょう。

 

【マツダCX-5】ディーゼルとガソリンはどっちがお得?

引用:https://www.autocar.jp/firstdrives/2017/06/15/224667/

ディーゼル車とガソリン車ではどちらの方がお得なのでしょうか。

上記のところではディーゼルの方が燃費効率と維持費がともにお得というのが分かりました。

そこだけ見るとディーゼルの方が断然いいじゃないかと感じる人がいるかと思います。

ですが、ガソリン車を選ぶ人も多いのです。

その理由として挙げられるのが車両の価格です。

ディーゼル車のCX-5はガソリン車と比べて30万円ほど高いです。

アクセルを踏んだときの加速がいいのも魅力です。

この30万円の価格差を埋めるのはどのくらいかかるのでしょうか。

先ほどの燃費ですが、ディーゼル車だと年間で66,720円、ガソリン車だと100,050円かかります。

ディーゼル車の方が年間で33,330円安くなる計算です。

30万円の価格差で元を取るためには300,000÷33,330=約9万kmの走行が必要となります。

仮に1年間で1万km走行するとなると、9年かかります。

また燃料代とは別にエコカー減税も含めるとディーゼル車だと減税額が更に多いので価格の差は22万円程まで縮まります。

22万円だと約6万kmとなり、約6年で差額を回収出来ることになります。

6年のうちに新しい車に買い換えるならガソリン車を選ぶべきでしょう。

逆に6年以上乗り続けるのであればディーゼル車がお得でしょう。

 

新車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

「新車が欲しいけど高すぎて買えない・・・」
 
「新車で最安値でGETしたい・・・」

「ディーラーからのセールスに疲れた・・・」

「値引き交渉が苦手・・・」

「ディーラーを何件も回るのが手間・・・」

新車の購入を検討しているけど、悩みばかりでなかなか購入に踏み切れない・・・
と悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

親しい家族や友人にも相談できないし、仮に相談できたとしてもCX-5を手に入れる事ができるわけではない・・・
費用的な問題はなかなか解決できませんよね。。

家族に相談したとしても、「安いこっちでいいじゃない」と一蹴。
違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の3年前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので・・・

値引きの金額は十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

「一旦考えます」と言っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと・・・

なんと、新車が70万円も安く買えたんです!しかも、最上位グレードでオプションもつけまくり!

私みたいに新車を納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」これが最初のステップです。 
ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使う事で、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です