CX-3の評価を辛口で解説!ボディーサイズや居住空間、価格など

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使う事で、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

マツダCX-3はマツダの中でも人気車種です。
近年、評価の高いマツダですが以下のような疑問を持っている方はいませんか?

ブタ
☑口コミサイトにはCX-3の良いところばかり書いてあって悪い所が分からない
☑もっと辛口な評価を知りたい

今回はマツダCX-3の評価を辛口で行っていきたいと思います。

スポンサードリンク

CX-3の辛口評価

まず、CX-3の評価を辛口で行う前にお伝えしておきますが、
CX-3はSUVとしての走破性や高い安全性能を備えている魅力的な車です。
内装も高級感があり他のクロスオーバーSUVに引けを取りません。

口コミサイトでも高評価な口コミが目立っています。
それではCX-3の辛口評価を行っていきます!

後部座席が狭い

 全長全幅全高ホイールペース
CX-34275mm1765mm1550mm2570mm
CX-54545mm1840mm1690mm2700mm

CX-5とボディサイズを比較してみると、全体的にボディサイズが小さい事が分かると思います。

CX-3は後部座席が狭いです。
3人以上でドライブする場合には後部座席に座った人は辛い思いをする事があるかもしれません。

後部座席のデザインは非常に洗練されている為、高級感を感じる事ができます。
しかし、残念ながら後部座席が狭いので少し窮屈に感じてしまうかもしれません。
私は身長172cmで成人男性の平均身長なのですが、膝から運転席までは握りこぶし半分のスペースしかありませんでした。
身長が大きい人には辛いかもしれません。

また、足元も狭い為、足を組む事はできません。

後部座席が狭い原因は背もたれも関係しています。
背もたれが立ちすぎている為、姿勢がきついかもしれません。
CX-5の小型版とも言われていますが、完全に違う車です。

長時間のドライブで成人男性が後部座席に座る場合にはツライと感じました。

乗り心地が悪いと感じる事がある

CX-3は車高が高く乗り降りしやすく、一般的な街乗りですと乗り心地が悪いという事はありません。
ただ、下記の条件が当てはまる場合に「不愉快」というような声が挙がっています。


☑後部座席に座っていると乗り心地が悪いと感じる
☑突き上げが酷い時がある
☑揺れる事が多々ある

後部座席は狭い事も相まって、乗り心地が悪いと感じる事がよくあります。
突き上げは悪路走行時や、段差を通る際に酷い時があります。
それに合わせて揺れてしまう事が多々あるようです。

2018年にネガティブなユーザーの声を集めてCX-3の改良を行いました。
サスペンションの改良硬さと柔らかさを両立した18インチタイヤの開発を行っています。

これによって乗り心地は改善されましたが、完全にはなくならないようで人によっては不愉快に感じてしまう事もあるかもしれません。

乗り心地に関する意見を見てみましょう。

価格が割高

ライバル車と比べると割高である事がネガティブポイントになっています。
同じマツダのSUVであるCX-5は2~3倍売れています。

CX-3のライバル車としてはヴェゼルやデミオが挙げられます。
ヴェゼルは小型SUVですが室内空間が広く、デミオは価格が安いところがストロングポイントとなっています。

デミオ  139万円~
ヴェゼル 211万円~
CX-3   216万円~
CX-5   257万円~

全体的なサイズ感や内装、安全性能についてはほぼ同一なので価格差がここまである事に納得ができない人もいるようです。
CX-3とCX-5は完全に別物のSUVですが、CX-3を買うなら少しお金を出してCX-5を買うという意見が多いです。

CX-5の居住空間や高級感がない一方でデミオのようなお買い得感もそこまで感じられません。
どっちつかずな中途半端な価格設定が良くないと思っている方が多いようです。

ただただ「割高感」がある。という事でしょうか。

スポンサードリンク

辛口意見の原因はニッチだから?

CX-3は客層のストライクゾーンが狭いです。
単身者やマツダ独自路線が好きなユーザーに向けて発信しています。

ユーザーありきの車作りをする日本の会社と比べて、マツダは独自路線(デザインや運転性能)に
こだわっている節があるので、こだわりを感じさせます。

CX-3は独特の満足感や楽しさがあって、CX-3でないといけないと感じさせるシーンがあるので、辛口意見もありますが
マツダならではの良さもあります。

スポンサードリンク

CX-3の魅力は?

CX-3の一番の魅力は何と言っても斬新なデザインです。
デザインに一目惚れしたユーザーや「フロントグリルがかっこいい!」といった声が多いです。

最近のクロスオーバーSUVはSUVっぽいデザインではなく、一般的な乗用車に近いデザインです。
一方CX-3はSUVっぽい見た目で唯一無二なデザインですので、街中で走っていても目立ちます。

【まとめ】CX-3の評価を辛口で解説!ボディーサイズや居住空間、価格など

今回はCX-3の評価を比較的辛口に行っていきました。
辛口な意見として目立っているものは、

値段設定が中途半端
⇒ライバル車と比較すると、どっちつかずでストライクゾーンが狭め

後部座席が狭い
⇒サイズ感が全体的に小さいので、後部座席での長期ドライブには向いていないという意見が目立ちました。

本記事では辛口評価をしていますが、とても魅力的な車である事は間違いありません。

新車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

「新車が欲しいけど高すぎて買えない・・・」
 
「新車で最安値でGETしたい・・・」

「ディーラーからのセールスに疲れた・・・」

「値引き交渉が苦手・・・」

「ディーラーを何件も回るのが手間・・・」

新車の購入を検討しているけど、悩みばかりでなかなか購入に踏み切れない・・・
と悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

親しい家族や友人にも相談できないし、仮に相談できたとしてもCX-5を手に入れる事ができるわけではない・・・

費用的な問題はなかなか解決できませんよね。。

家族に相談したとしても、「安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の3年前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので・・・

値引きの金額は十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

「一旦考えます」と言っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと・・・

なんと、新車が70万円も安く買えたんです!

しかも、最上位グレードでオプションもつけまくり!

私みたいに新車を納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使う事で、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です