【新型CX-5】 マイナーチェンジを発表! 変更点がアツい!【2019年】

マツダCX-5が2018年10月にマイナーチェンジを発表しました!!
発売は11月22日を予定しているそうです!

今回はマイナーチェンジで発表された変更点について余すことなくご紹介します。

【新型CX-5】特別仕様車 XD Exclusive Mode


引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/special-vehicles/exclusive-mode/

今回発表されたマイナーチェンジでは、特別仕様車である「Exclusive mode」が追加されました。

価格は257万~388万円前後

黒と深みのあるディープレッドのカラーコーディネーションです。

木目の「本杢」加飾を採用しています。

木目を使う事で、高級感を演出して上質な空間を演出しています。

シート素材はしっとりとした肌触りのナッパレザーを装備しています。

ルームミラーもフレームレスになり、乗る人にスマートな印象を与えます。

この他にも様々な専用装備が搭載され、CX-5のオーナーに喜びを提供します。

2.5Lガソリンターボエンジン追加

新型CX-5は、2.5Lガソリンターボエンジンである「SKYACTIV-G2.5T」が搭載される事が決定しました。

「SKYACTIV-G2.5T」はもともと、海外で発売されているマツダのCX-9に搭載されていたものです。

今回の2.5Lガソリンエンジンの導入は国内で初めてとなり期待が高まっています。

ターボ特有の低速から力強く加速する感覚を感じつつ、加速時の振動が抑えられている為、安心して乗車する事ができそうです。

「SKYACTIV-G 2.5T」のスペック

・エンジン種類  直列4気筒2.5Lターボ「SKYACTIV-G 2.5T」
・排気量     2.5L
・最高出力    169【230】/4,250
・最大トルク   420【42.8】/2,000
・トランスミッション AT
・駆動方式      FF/4WD
・仕様燃料      レギュラーガソリン

この新エンジンは、高速域まで軽く加速する力強さと上質感のある走りを提供します。

「SKYACTIV-G 2.5」にも、気筒休止システムが採用されており、高速道路や走行等、一定速度での巡航時などエンジン負荷が低い場合には、4気筒のうち2気筒を休止させ、低燃費を実現します。

新搭載された2.5Lターボモデルは、WLTCモードで13.8km/Lとなっている自然吸気エンジンからダウン幅を抑え12.6km/Lとなっています。

今回2.5リッターガソリンターボエンジンを追加したことで、ユーザーの幅広いニーズに応えられるようになりました。

マイナーチェンジでGVC Plus搭載

Gベクタリングコントロールとは、ドライバーの技量とは関係なくGのなめらかなつながりを実現する技術です。

この技術によって、ドライバーは車酔いしにくく安全・快適に過ごす事ができます。

このGVCにG-ベクタリングコントロールプラスとして、更なる車両の安定性を実現させました。

車両姿勢安定化制御を加えて、GVC Plusに進化しました。

旋回中のハンドルを戻し、操作に応じて外輪をわずかに制御し、車両を直進状態に戻す為の復元モーメントを与えることで安定性を工場する事に付与しました。

危険回避能力を向上させ、より安心感の高い制御の実現に成功しました。

運転時の疲労を軽減し、思った通りに走れて運転への自信が高まる事間違いありません。

MTモデルの追加

2.2リッターディーゼルモデルにMT車が追加される事が発表されました。

今までCX-5にはパドルシフトを装備しているものがあったものの、MT車はありませんでした。

走りを楽しみたいSUVユーザーにとって、MT車が選べるのは嬉しい事に間違いありません。

もともと、CX-5が発売しはじめた頃から、ユーザーの要望として「ディーゼルエンジンにMT仕様車を用意して欲しい」との意見がありました。

このタイミングでマツダがユーザーの希望に答える形となったわけです。

ディーゼルとMTの組み合わせは相性が良く、低速のトルクもある事からMTでの発進は楽になる事間違いなしです。

コネクティビティシステムの改良

マツダコネクトがCar PlayAndroid Autoに対応する事になりました。

スマホをUSBで接続する事で使用できます。

スマホとマツコネの同期が可能になったので、より快適なカーライフが送れる事に間違いありません。

【まとめ】CX-5 マイナーチェンジ変更点まとめ

CX-5は年次改良のペースが速いですね。

マツダの基幹車種である事は間違いないので、力を入れている事が伝わってきます。

今回の大きな改良点としては以下の通りです。

・ガソリンエンジンにターボ仕様追加
・ディーゼルエンジンにMT仕様車追加

今回の年次改良は正直、マイナーチェンジとは思えないくらいに驚きました。

マツダはどこまでもユーザーの事を考えてくれている企業だなと感じさせられます!

発売まで待ちきれませんね!!

新車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

「新車が欲しいけど高すぎて買えない・・・」
 
「新車で最安値でGETしたい・・・」

「ディーラーからのセールスに疲れた・・・」

「値引き交渉が苦手・・・」

「ディーラーを何件も回るのが手間・・・」

新車の購入を検討しているけど、悩みばかりでなかなか購入に踏み切れない・・・
と悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

親しい家族や友人にも相談できないし、仮に相談できたとしてもCX-5を手に入れる事ができるわけではない・・・
費用的な問題はなかなか解決できませんよね。。

家族に相談したとしても、「安いこっちでいいじゃない」と一蹴。
違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の3年前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので・・・

値引きの金額は十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

「一旦考えます」と言っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと・・・

なんと、新車が70万円も安く買えたんです!しかも、最上位グレードでオプションもつけまくり!

私みたいに新車を納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」これが最初のステップです。 
ディーラーでは30万円の下取りが買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使う事で、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です