新型CX-5 vs XV 徹底比較!|買うならどっち!?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使う事で、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

MAZDA(マツダ)CX-5の購入を検討されている方の中には、他社の同価格帯SUVとの購入比較検討を考えていらっしゃる方もいるかと思います。

今回はMAZDA(マツダ)新型CX-5とSUBARU(スバル)新型XVを徹底比較してみました。
購入を考えておられる方の一助となれば幸いです。

スポンサードリンク

新型CX-5 VS 新型XV 価格比較

まずは分かりやすい価格から比較してみましょう。

グレードによって価格が比較的上下する為、新車の平均値を出しました

 新車価格中古車価格
CX-5250万円~350万円85万円~410万円
XV229万円~330万円32万円~280万円

表を見てもらえると分かると思いますが、XVの方がCX-5に比べてお手軽で購入しやすいですね。

ちなみにCX-5は2WDの250万円前後の最低グレードで2WDですが、XVは200万円前後で4WDでSUVならではの走破性を体現してくれます。

表だけで見るとそこまで大差ないように見えますが、グレードによって大きな差が出てきます。

CX-5 vs XVのリセール価格は?

リセールバリュー(買取価格)も車の購入を検討する上で、とても大切なポイントですよね。

CX-5は、ディーゼルエンジンの方が買取相場が高い傾向があります。

ただし、新車を購入した場合は、ガソリン車の買取相場は緩やかになります。
なので、ガソリン車を選んでも後悔する事はないでしょう。

また、CX-5は人気車種である為、ディーラーも値引きをあまりしない事から、リセールバリューがガクッと下がる事は考えにくいと言えるでしょう。

続いてXVを見ていきましょう。

XVは全グレードで高水準の買取相場となっており、購入時のグレード選択にそこまで神経を使う必要はありません。
好きなものを買ったら良いと思います。

スポンサードリンク

新型CX-5 VS 新型XV 燃費性能比較

CX-5とXVについての燃費性能についても見ていきましょう。

燃費性能も車を選ぶ上では、重要な要素のひとつですね。

 新型CX-5ディーゼル先代CX-5ディーゼル
カタログ燃費(JC08モード)18.0km/L18.6km/L
高速道路22.3km/L22.1km/L
市街地14.4km/L12.4km/L
郊外路15.6km/L17.7km/L
総合17.1km/L16.5km/L
引用:https://autoc-one.jp/nenpi/3354204/

まずはMAZDAのCX-5の燃費について見ていきましょう。

新型CX-5と先代のCX-5を比べてみると、市街地では先代モデルに大きな差をつけています。

新型CX-5は燃費性能に関して大きな改善が見られました。

実燃費に関しては、十分に満足できるレベルです。

マツダは独自のスカイアクティブエンジンを採用しており、このエンジンによって燃費や走行性能の大きな改善が見られています。

スカイアクティブの開発を行った理由として車の基本性能を大きく飛躍させる事に基づいています。

CX-5であれば、SKYACTIVエンジンで、高トルクと低燃費を実現しています。

結果的にスカイアクティブ・テクノロジーは新型CX-5の性能を高次元へ押し上げる形となりました。

 新型XV2リッターガソリンインプレッサ2リッターガソリンAWD
JC08モード燃費16.0km/L15.8km/L
高速道路18.0km/L17.4km/L
市街地(街乗り)11.0km/L10.9km/L
郊外地13.5km/L12.7km/L
総合13.5km/L13.0km/L
引用:https://autoc-one.jp/nenpi/3380902/

続いてXVの燃費について見ていきましょう。

新型XVの実燃費は、13.5km/Lとなっており2リッターNAエンジンを搭載するモデルとしては、特別良くもなく悪くもなくといった所でしょう。

XVのエンジンはスバル伝統の水平対向4気筒エンジンです。

水平対向4気筒エンジンとは、エンジンのシリンダーを水平に配置したその形状から、エンジンの重心位置が低くなる特徴があります。

エンジンの重心が低い為、重力によって車を路面に押し付ける為、遠心力に車が振り回される事なく、安定したコーナリングや走行が可能となります。

また、水平対向エンジンの特徴として、左右対称に配置されたピストンが中央のクランクシャフトを軸に、近づいたり、離れたりと対照的な動作をする事によってエンジンの振動を打ち消しあい、結果的に振動が少なくなるというメリットもあります。

スポンサードリンク

新型CX-5 VS 新型XV 安全性能比較

安全性能を比べていきましょう。

安全性能の良し悪しも車を選ぶ上で大切なポイントとなってきます。

まずは新型CX-5の安全性能を見ていきましょう。

新型CX-5はi-ACTIVSENSEを搭載


引用:http://www.mazda.com/ja/innovation/technology/safety/i-activsense/

新型CX-5は先進安全技術であるi-ACTIVSENSEを標準装備しています。

i-ACTIVSENSEは、危険な状況に陥ってから対処するだけではなく、迫り来る危険を回避する事を主眼に先進的な機能が装備されています。

多くの機能を搭載している為、ここでは特筆すべき機能をご紹介していきます。

AT誤発進抑制制御・・・AT車のペダルの踏み間違いを低減
衝突被害軽減ブレーキ・・・前方及び後方の障害物を感知し、誤発進・急加速を抑制
ブラインド・スポット・モニタリング・・・死角の斜め後方に存在する車両と知らせ事故を抑制
リア・クロス・トラフィック・アラート・・・駐車場などで後退時に接近車両を検知して接触の危険を告知

マツダはこの他にも危険察知系の機能を装備しています。

新型CX-5は360°ビューモニターを搭載しています。

360°ビューモニターとは、車両の前後左右に4つのカメラを活用する事によって、上空から俯瞰したような映像を確認する事ができる機能です。

直接目で確認できない死角などでは、かなり役に立ちます。

また、車の運転に慣れていない初心者には圧倒的な味方となる事間違いなしです!

XVはアイサイトを搭載

今や、スバルの安全技術となったアイサイトが搭載されています。

アイサイトとは、ツインカメラを使った衝突回避機能です。

人の目のように、左右2つのカメラで立体的に状況を把握し、クルマだけでなく歩行者や障害物なども認識します。

驚いたことに対象との距離や形状、移動速度まで正確に認識する事ができるのです。

アイサイトの機能は、CX-5に搭載しているi-ACTIVSENSEとほぼ同じなのでここでは説明を割愛します。

XVにはSGPという超安全技術が搭載されている!?

SGPとは、衝突を回避できず、対象に衝突してしまった際に、衝突時のエネルギーを吸収・消散して乗員を保護する機能です。

日本の新車アセスメント・プログラムが実施する衝突実験の満点は208点とされていますが、スバルXVは199.7点という歴代最高のスコアを実現しました。

これによって衝突安全評価特別賞を受賞しています。
ここはSGPの1人勝ちで間違いなさそうです。

新型CX-5 VS 新型XV 外装&内装を比較

機能よりも何よりも、やはり見た目がすべて!
という人も多いと思います。

まずは新型CX-5とXVの外装を比較していきましょう。

正面


引用:https://autoc-one.jp/mazda/cx-5/special-5000944/

新型CX-5の正面です。
特徴的なのはグリルです。
無骨な網の目で男らしい顔立ちとなっています。

目力もすごく、存在感に圧倒されます。


引用:http://car-sokuhou.com/xv-gaisou-gazou

こちらは新型XV

CX-5と比べると柔らかい印象が感じられます。
ヘキサゴンをモチーフとしたフロントグリルはいつみても優しさに包まれています。

サイド


引用:https://autoc-one.jp/mazda/cx-5/newmodel-997879/photo/0007.html

新型CX-5のサイドは遠目から見ると、一般的なクロスオーバーSUVの形をしていますが、近くで見ると随所に角度がつけられていてこだわりが感じられます。

新型XVのサイドは特に特質すべき点はないように思えます。
一般的なコンパクトSUVの形です。
良くも悪くも普通ですね。

背面


https://e-nenpi.com/enenpi/car_photo/10595/3

新型CX-5の背面は正面やサイドがかっこいいだけに背面が何の特徴もなく個人的には若干残念です。


https://e-nenpi.com/enenpi/car_photo/13100/3

新型XVの背面はSUVらしい武骨さがあって良いですね。

新型CX-5の内装


http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/interior/interior1/

上記はXD/25S/20Sのグレードとなりますが、こちらは標準のシートとなっています。

標準でもシンプルで高級感が感じられます。
マツダはディティールにこだわってインテリアをデザインしており、洗練された室内空間を新型CX-5で表現しました。

グレードを上げていくと、革張りで尚更高級感を感じられるかと思います。
内装においてこだわりが感じられる為、個人的に高評価です。

新型XVの内装


https://www.subaru.jp/xv/xv/design/interior.html

オレンジステッチがついたシートが人気オプションのようです。

個人的には、洗練された大人というよりも、若者!ってイメージでわちゃわちゃしてますね。

個人的に惜しいのが後部座席にリクライニング機能がない事です。

【新型CX-5と新型XV】まとめ

新型CX-5と新型XVで悩まれている方に向けて、比較しながらご紹介していきました。

新型CX-5は、新型XVに比べると値段が高い事がデメリットですが、こだわりのデザインや内装などにこだわっており武骨な男らしいSUVというイメージです。

そういった意味ではSUV好きな男性が乗っていそうなクルマです。

個人的には街中でCX-5が走っていると、「おっ!CX-5!」と思うくらいこだわりが感じられる車だと思っています。

一方の新型XVですが、一番のメリットは価格がCX-5に比べて安い所です。

「SUVに乗りたい!けどお金が・・・」という方にはピッタリです!

SUVらしさというところでは新型CX-5に軍配が上がります。

価格や安全面においては新型XVの勝利ですね。

目的や趣味に合わせて、どちらを買うのか決められると良いですね。

新車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

「新車が欲しいけど高すぎて買えない・・・」
 
「新車で最安値でGETしたい・・・」

「ディーラーからのセールスに疲れた・・・」

「値引き交渉が苦手・・・」

「ディーラーを何件も回るのが手間・・・」

新車の購入を検討しているけど、悩みばかりでなかなか購入に踏み切れない・・・
と悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

親しい家族や友人にも相談できないし、仮に相談できたとしてもCX-5を手に入れる事ができるわけではない・・・

費用的な問題はなかなか解決できませんよね。。

家族に相談したとしても、「安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の3年前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので・・・

値引きの金額は十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

「一旦考えます」と言っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと・・・

なんと、新車が70万円も安く買えたんです!

しかも、最上位グレードでオプションもつけまくり!

私みたいに新車を納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使う事で、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です