新型ジムニーの乗り心地は悪い?改善する方法あり!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使う事で、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

今日本だけでなく世界からも注目されている新型ジムニー。
20年ぶりの発売となって、実際に納期が最低でも1年以上とかなりの人気を誇っています。

そんな新型ジムニーですが「乗り心地が悪い」という話がオーナーの間で挙がっているそうです。

今回はそんなジムニーの乗り心地は実際について調査してみました!
乗り心地を良くする裏ワザも紹介しているので是非最後まで見てみてください。

スポンサードリンク

新型ジムニーは乗り心地が改善された?

ジムニーは初回に発売されたものから20年の時を経てモデルチェンジされました。

ただ、ジムニーファンの間では「乗り心地が悪い」と言われています。

実際にファンの間からは「ジムニーは乗り心地が悪いのを愛でる車」と言われるくらい乗り心地があまり良くないと言われていました。

ただ、新型ジムニーは旧型に比べて良くなったという口コミが圧倒的に多いです。
実際にジムニーに乗った人々からは下記のような感想がありました。

・旧型より乗り心地が良い
・硬いシートかと思っていたが、実際はそこまで気にならない
・思っていたよりも快適

上記のような口コミが目立っていました。

スポンサードリンク

乗り心地はどのように改善された?


引用元:https://www.suzuki.co.jp/

新型ジムニーの乗り心地が良くなった大きな理由の1つとして、新開発のラダーフレームが挙げられます。

ラダーフレームは車体を載せるフレームの種類の事です。
一般的な乗用車にはモノコックと呼ばれるフレームを装着する事が多いのですが、オフロードやクロスカントリー車や4WDにはラダーフレームが採用される事が多いです。

具体的に言うと、ジープやメルセデスベンツのGクラスなどいわゆる本格オフローダーで採用される事が非常に多いものです。

ラダーフレームは高い耐久性がある一方で衝撃が全体に伝わりやすくなってしまうというデメリットがあります。

もちろんジムニーはラダーフレームを改良していますが、乗り心地は一般的な乗用車に比べるとどうしても劣ってしまうのは仕方ありません。
あくまでも旧型と比べて良くなったと思う方が良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

新型ジムニーは乗り心地が悪い??

ぶっちゃけ新型ジムニーは乗り心地が悪いのでしょうか。
オーナーの意見をまとめてみました!

高速走行にはあまり向いていない。
110km/L以上出すと空気抵抗が一気に増える。

独立懸架に比べ路面のうねりを拾ってユサユサする、突き上げが多い面はあります。一方普通の路面の乗り心地はかなり良好。シートは大きくはありませんが思いのほかしっかりしており室内は意外と静かです。総じて乗り心地は満足できるレベルにあります。

腰高な車体の為かどことなくフワフワした乗り心地、高速道路は80km/h巡航は普通に走ってくれますが、
100km/hで風を受けた時は、ロデオマシーンに早変わりします。

驚くほどの乗り心地の良さです。そして市街地走行では極めて静か。
エンジンやミッションを積むフレームとボディが分離していて、居室と縦置エンジンとの距離がある事、また、タイヤ径が大きく高扁平である事から、道路の細かい凸凹もいなしてくれている結果だと思います。
無理に防音材等で音を抑え込むのではなく、構造上の静かさですので、大きなメリットの一つと思っています。

ゴムの上に載っているかのような強い横揺れ。
突き上げや上下方向の揺れはとくに感じません。
ハンドルを握っている運転手はともかく、助手席や後ろの席に快適性は無し。
ホイールベースが短いので、平地でもまっすぐ進むには常にハンドルを意識する必要があります。
都会のように信号の多いストップアンドゴーであれば気づかずにいるかもしれません。
ところが、狭い立体駐車場ではこの短いホイールベースが威力を発揮。評価が一変します。

タイヤが厚いので柔らかでマイルドです。ゴムまりに乗ってるようです。
エブリィバンは揺さぶられるような乗り心地なので
それに近いかと思いましたが、全く違いました。
どちらかというとFITと同じぐらいと感じました。

ショートボディのクロカン四駆です。
舗装道の段差の突き上げ感は、悪路で伸びる足、優秀な路面把握性能と引き換えだと思います。
それでも、クラスを感じさせない重厚な乗り心地を実現してくれた、開発者の方々に感謝したいです。

悪くはない、よいとも感じない。

この他にも色々な口コミをチェックしてみましたが、比較的乗り心地が悪いという意見が目立っていたようでした。

新型ジムニーの乗り心地を改善する方法は?

少なからず乗り心地が悪いという意見がなくならないジムニーですが、クルマに乗る以上は少しでも快適な乗り心地でドライブを楽しみたいですよね。

ジムニーの乗り心地を良くする為にお勧めの方法があります。
方法は2つあります。
①スプリングの交換
②シートのカスタマイズ

スプリングの交換

スプリングの交換はジムニーには必須のカスタマイズです。
足回りの交換となりますので敷居は高いイメージがありますがとても簡単です。

純粋のスプリングと交換するだけのものですので手軽でお勧めです。
スプリング交換によって乗り心地と静粛性が一気にパワーアップしますし、車高が高くなりますのでワイルド感が増します。

シートのカスタマイズ

ジムニーの乗り心地に関する口コミでは、「ゴムに乗っているよう」という口コミが目立っていました。

シートを改良する事で乗り心地はかなり変わります。
シートを買える以外ですと、シートの上にクッションなどを置くという手もあります。

こういった工夫をする事によって長距離運転する際も疲れにくくなります。

【まとめ】新型ジムニーの乗り心地は悪い?改善する方法あり!

新型ジムニーの乗り心地について徹底調査しました。
まとめると、

・乗り心地は旧型に比べて良くなっているものの、決して良いとは言えない。
・乗り心地を改善する方法は2つ
⇒スプリング交換
⇒シートの改良

乗り心地に不満がある方は是非検討してみてください。

新車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

「新車が欲しいけど高すぎて買えない・・・」
 
「新車で最安値でGETしたい・・・」

「ディーラーからのセールスに疲れた・・・」

「値引き交渉が苦手・・・」

「ディーラーを何件も回るのが手間・・・」

新車の購入を検討しているけど、悩みばかりでなかなか購入に踏み切れない・・・
と悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

親しい家族や友人にも相談できないし、仮に相談できたとしてもCX-5を手に入れる事ができるわけではない・・・

費用的な問題はなかなか解決できませんよね。。

家族に相談したとしても、「安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の3年前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので・・・

値引きの金額は十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

「一旦考えます」と言っていったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと・・・

なんと、新車が70万円も安く買えたんです!

しかも、最上位グレードでオプションもつけまくり!

私みたいに新車を納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使う!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使う事で、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です